« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

熊谷?四万十市?

>「熱のこもるアスファルトが、測定気温の上昇に影響を与えたことは否定できないと思います。正確な気温を測定する場所として、この江川崎観測所は、ベストな環境とは言い難いんです」(気象予報士の森田正光さん)

暑さ日本一をめぐって、四万十市の観測所が正確ではないと批判が出ている。熊谷も近くにアスファルトを作り、芝生を刈ればいいと。それで暑さ日本一を奪還と。

確かに日本一では、テレビなどの宣伝効果は違うだろう。しかし、考えても見てほしい。熊谷や館林が熱いのは、都心のコンクリートで温められた熱風が、流れ込むからだということを。

つまり、熊谷は巨大な熱風装置の上に位置していて、山の中の四万十とは違う。そもそも熊谷は都心の熱風で熱いんでしょうということでしかない。どちらが日本一ということをテレビが煽っていること自体が、馬鹿げたことだ。

それにしても今年は暑い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

韓国の謝罪と賠償

>韓国の“日本叩き”どこまでエスカレート?今度は韓国被爆者が謝罪・賠償要求

韓国が今度は被爆者が謝罪と賠償を求めているようだ。

日本はそれらをしているようだが、要求する。なぜか?

韓国や韓国人にとって、謝罪や賠償というのに弱いのではないかと思う。アシアナ航空の事故に対して、一律に見舞金のようなものを出すそうだが、その条件に賠償を求めないという一文があるそうだ。

これだけ同じパターンでくるというのは、韓国人にとって謝罪と賠償を求められることほど、困ることはないのではないか。

たぶん、竹島についても、日本が韓国に謝罪と賠償を求めれば、彼らはパニックになるに違いない。とにかく張ったりである。そういう人間は堪えられないのではないか。

だから、日本に従軍慰安婦問題でも、お金をもらうことを拒否してでも、謝罪と賠償を求めるのだろう。そこに多分何らかの利権があるに違いない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

韓国のねつ造報道・反日中傷報道

韓国メディアが伝えた「日本の大型スーパー・イトーヨーカ堂は日本国内の右翼の妨害を回避するため、韓国食品展示即売会を延期する模様だ」という報道に対し、日本メディアが調査取材を行い、事実ではないとした

米国防総省は12日、日本海の呼称を東海に変えるよう求めた韓国軍トップの要請に 対し、米当局者が呼称変更を検討すると回答したと伝えた韓国メディアの報道について、「(検討どころか)要請はまったくない」と明確に否定した。

上記2件の報道はいずれも韓国からのものだ。韓国の言論がおかしいと思い始めて、やはりやることは、こんなこと。

いずれも韓国メディアのねつ造報道、もしくは日本への中傷報道だ。事実関係はいずれもないようだ。これは書いておく必要がある。韓国はなんでもいいから、反日中傷報道をしていくようだ。それが韓国のやり方。これから従軍慰安婦の問題もかんがえていくようにすれば、いいのかもしれない。ねたみ嫉みというのは怖いものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旭日旗についての政府見解

政府は旭日旗の使用に関しては「旭日旗の意匠が日本国内で現在もよく使用されている。特定の信念や軍国主義の主張には当たらないと考えている」とする見解をまとめたということです。

旭日旗について、最近韓国からたびたび指摘されている。それが侵略をイメージするというもの。

私にはわからないが、きょうネットで旭日旗を見て、デザイン的に大変すぐれたものであると思った。日章旗も簡単なデザインでありながら、よく考えられたものだと思う。

私がかっこいい旭日旗と感じたのは、韓国人が作ったものではないか。反日のものだが、かっこいいものだ。

Photo

これでは旭日旗に嫉妬しているとしか思えないほど、かっこいいデザインにできていると思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »