« 連続変死事件の首謀者の写真は間違い | トップページ | 韓国のウリジナルという嘘! »

離島防衛訓練の中止

沖縄県の無人島で計画されていた自衛隊とアメリカ軍による離島防衛訓練が、日本の要請で中止された。そのことでキャンベル国務次官補が外務省幹部に、「理解しかねる」と強い不快感を示していたことがわかった。

沖縄県内の反発に加え、アメリカ軍兵士による女性暴行事件が起きたことなどを理由に、日本側の要請により、中止が決まった。 アメリカ外交筋は「中国をけん制するための訓練なのに、本末転倒だ」と疑問を投げかけている。

ニュースを読めばそのままである。また日本の外務省の弱腰外交が日本の防衛を弱くする。ここを中国は突いてくるのである。女性暴行事件は国の防衛とは全く関係がない。まして離島防衛訓練とどう関係があるのか?

中国は沖縄も中国の領土だと主張している。そんな言論を堂々としているのに、訓練を中止するというのは、漁船衝突事件の時と同じである。尖閣を国が購入したことでも間違いを犯し、まただ。それらはすべて弱腰からくる。

そんな外交姿勢だから、突っ込まれるのだ。今度の衆議院選挙では民主党は大敗するだろう。今見ているだけでは、いずれは社会党が社民党になったのと同じになるかもしれない。やはり、骨となる人物小沢一郎を欠いたからだろう。もはや民主党政権には未来がない。

|

« 連続変死事件の首謀者の写真は間違い | トップページ | 韓国のウリジナルという嘘! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 離島防衛訓練の中止:

« 連続変死事件の首謀者の写真は間違い | トップページ | 韓国のウリジナルという嘘! »