« 尖閣諸島、竹島、北方領土 | トップページ | これらは朝鮮日報の記事だ。 »

韓国の主張がおかしい

李大統領の天皇陛下に対する発言が、物議を醸している。
2012年8月14日、「天皇は韓国を訪問したがっているが、独立運動で亡くなった人々に心から謝罪すればいいというのが私の願いだ」と、
韓国大統領として初めて明確に天皇陛下の謝罪を求めたのだ。さらに「『痛惜の念』という言葉だけを使うためなら、韓国に来る必要はない」と突き放した。

これらの記事の間違いをまず書いておくと、天皇の訪韓を韓国に打診したことはないということ。そう考えると一体何のための発言だったのか。ただ、ここではっきりと理解できることは、例によって、「謝罪しろ」だ。

ここのところで韓国の記事を読むたびに、発言している内容がおかしくはないかと疑問を持っていた。それが一気に世界に現れたのが、オリンピックにおけるサッカー日韓戦の竹島発言だ。ボードを掲示した。これらはオリンピック精神に反する。

竹島以外でも従軍慰安婦問題でも、在韓日本大使館前に従軍慰安婦像なる少女像を建てた。加えて米国においても、それらに関わるメッセージ碑なるものを建てた。意見広告も出したようだ。

しかし、ちょっと考えよう。いったい何のためにこのようなことをしているのだ。従軍慰安婦問題にしてもすでに日韓でいつでも交渉できることだ。つまり隠蔽されていることではない。おかしい。

加えて今度の天皇発言である。こんな尊大な言い方をされれば、穏やかな日本人でも切れる。スワップを破棄し、国債も買うな売れだ。

日本は武力で国際紛争を解決することを放棄している。したがって平和裏に経済文化あらゆる手法を使って、自国の利益を求めていかなければならない。韓国が竹島を無条件で返しますからというまで、戦わなければならない。中国についても同じである。

|

« 尖閣諸島、竹島、北方領土 | トップページ | これらは朝鮮日報の記事だ。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 韓国の主張がおかしい:

« 尖閣諸島、竹島、北方領土 | トップページ | これらは朝鮮日報の記事だ。 »