« マスコミの衰退! | トップページ | ニュースでの小沢氏 »

田原氏の発言

>田原氏は2009年4月のテレビ番組で、拉致被害者の有本さんについて「外務省も生きていない ことはわかっている」などと発言。有本さんの両親は同年7月、慰謝料1000万円を求めて 同地裁に提訴した。

今回裁判所の判断では、テープを提出しなくてもよいとした。それは事実関係の信憑性を問わないということだろうか。少なくとも田原氏はジャーナリストを名乗っている。そのような人物が拉致被害者の生死の事実関係を、上から目線で発言していることに問題がある。

拉致被害者家族の有本さんのご両親が、その救出活動をしていることは、広く知られている。そのことに対して「有本さんは生きていない」ということがはたして、拉致被害者救出運動に利益があるのか。有本さんは生きているという前提で運動をしていくのが当たり前で、そのほうが他の拉致被害者にも利益をもたらす。

田原氏はテレビの放送を使っての発言で、上から目線でいうのが当たり前と考えているのかもしれない。それがそもそもの間違いである。有本さんの両親を深く傷つけたことは、間違いのないことだ。

事実であるかどうかを争うっても意味がないことかもしれない。外務省には、佐渡の曽我ひとみさんが拉致されていたという事実は、つかんでいなかったのだろうから…

|

« マスコミの衰退! | トップページ | ニュースでの小沢氏 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 田原氏の発言:

« マスコミの衰退! | トップページ | ニュースでの小沢氏 »