« 2010年2月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

鳩山総理-世界で最も影響力のある100人に選ばれる!

米誌タイム(電子版)は29日、毎年恒例の「世界で最も影響力のある100人」を発表した。

 政治やスポーツなど各界の代表的人物計100人を選んでおり、25人が選ばれた「リーダー」部門で鳩山由紀夫首相が6番目に入った。オバマ米大統領は4番目だった。

 理由について、鳩山首相を「古い政治家一族の跡取りで、革命的には見えない」としながらも、「日本を事実上の一党支配から、民主主義が機能する国への変革を助けた」とした。

続きを読む "鳩山総理-世界で最も影響力のある100人に選ばれる!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

検察審査会、小沢幹事長を「起訴相当」と判断。

>民主党の小沢幹事長は自らの資金管理団体を巡る政治資金規正法違反事件で検察審査会から「起訴相当」と判断された。

検察審査会の力が強くなってから初めて、おかしな判断が出た。一般市民が判断したものだが、考えさせられるものだ。

>その小沢氏が絶対権力者であり、政治資金の動きについて知らないはずはない。供述は信用できないというものだった。<

たとえば、小沢氏がやり手であり、実力者であることは事実だ。だが、あれだけ忙しい人が、ご自身の政治資金の隅々まで知っているだろうか。あるいは、他の人でも。現に鳩山総理は知らなかったということで、検審で「不起訴相当」となっている。それを考えると、知らなかったで通る。

秘書らから「報告を受けていた」としているものも、具体的にどういうものか、分からない。単に概括を受けていただけかもしれない。4億円の動きでも、銀行からの借り入れが、小沢氏でも自由にならなかったということを、印象として受ける。絶対的権力者なら、タンス預金を使うこともないだろう。秘書がやろうとしたことも、不自然ではない。

強制起訴の可能性があるが、そうなっても東京地検特捜部が起訴を目指して強制捜査したのに、できなかったのは、有罪に持ち込むことが難しいからだろう。喩え強制起訴されても、小沢氏が話さなかったらどうなるのか?

検察審査会が印象でもって、あるいはテレビ的な発想で、小沢氏を強制起訴するのは、好ましいことではない。小沢氏の発言が裁判でも今までのようなものなら、無罪になるだろう。これは大変な社会問題になるかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年5月 »