« 普天間移設問題-産経新聞の創作だそうだ | トップページ | 石原都知事と意見が合うとは-30日ルールを巡って »

勘違い?亀井氏に発言歓迎されず

民主党が参議院での数あわせで、国民新党と社民党と連立政権を組んでいる。しかし、ここへきて、副総理の菅氏が、これは鳩山政権だと主張したようだ。

確かにそのとおりだ。多くの国民は、民主党政権を望んでいるのだ。決して亀井政権を望んでいるのではない。亀井氏は何か誤解をしているようだ。

また、多くの国民の意思に反することは、政治主導を掲げた民主党の小沢さんの考え方ともずれてくる。ここにきて、こんなことも言っている。

「鳩山首相の孫に子ども手当を差し上げることが適当か」と亀井氏は発言。一見正論のように思える。しかし、違うと思う。

子供を育てることを、国が支援をしていくということだろう。これらの考え方と額が適正かは、国家戦略室が優先すべきことだ。亀井氏は党首だということで、いろいろ発言するが、それらが政権運営に障害をもたらせている。

裕福な家庭に支援する必要がないとなれば、考え方が歪む。子供手当てではなく、生活手当てになるだろう。また、どの子供も、子供から見て差別やいじめを生まないように、同じように支援すべきだ。

線引きするとなると、額が額なので、もらえない家庭からは不満が出るだろう。余裕がある家庭となると年収いくらなのか?いくらでも欲しいという家庭はあるはず。

子供が「俺んちは金持ちだから、子供手当てはもらってない。お前はもらっているだろう」などと、子供の中に差別感情が生まれてはならない。総合的に考えて、該当する子供がある家庭を支援すべきだ。

亀井氏の考え方は、古い自民党体質を抱えたままのものだ。多くの国民は、亀井氏の発言を快く思ってはいないはずだ。国民が何を考えているのかを知ることも、政治家の資質だ。少数の横暴を国民は苦々しく思っているに違いない。

|

« 普天間移設問題-産経新聞の創作だそうだ | トップページ | 石原都知事と意見が合うとは-30日ルールを巡って »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 勘違い?亀井氏に発言歓迎されず:

« 普天間移設問題-産経新聞の創作だそうだ | トップページ | 石原都知事と意見が合うとは-30日ルールを巡って »