神社などに油!?

以前にも神社やお寺に油のようなものをふりかけ、器物損壊をしている事件があった。そ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

姉が母の首をしめる!

私には姉が一人いる。その姉が私が介護しているのを少し補助している。たとえば、私が...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

連日の朴槿恵大統領退陣要求デモ

このところ韓国の朴槿恵大統領の退陣要求デモが日本でも報じられている。それ以上の混...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

下痢?!

10時半ごろから母が下痢をしているのか?簡易トイレに座らせ、終わるとベットへ。 ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

のどが変?

昨夜は大変だった。今日が排泄をする日なので、昨夜10時ごろに下剤を飲ませた。とこ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鳥越俊太郎に淫行疑惑

鳥越氏が現在都知事選で奮闘している。そのさなかに、いつのことだかわからないが、鳥...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本の報道の独立性に深刻な脅威?

>国連人権理事会が任命した特別報告者(表現の自由担当)のデビッド・ケイ米カリフォルニア大アーバイン校教授が19日、訪日調査を終え「日本の報道機関の独立性が深刻な脅威にさらされていることを憂慮する」として、放送法や特定秘密保護法の改正を求める声明を発表した。

記事です。なんでも教授がメディアに携わる人間にインタビューを申し込むと、「匿名でお願いします」ということらしい。これは、私が思うに、それ以外のことでもそうでしょうと言いたい。彼らはいかに自分が有名になり金を稼ぐかが問題なのであり、それにともなう危険は負わないということだろう。つまりは自主規制。

そういうことだよ。日本テレビおしゃれ事件においても、ジャーナリストやメディア関係者が、口を開いただろうか。私の抗議文が行く前に、彼らは「自分たちは知らない。関わらない」。それで事件が起きているのだろうから。

だから一般人の視聴者に抗議文を送らせ、告発者を犯人に仕立て上げ、「こいつが犯人だ」とやっている。これが日本のメディアの現実。つまりは自主規制。恐ろしい国だ。中国の報道規制をNHKもよく報道するが、日本のメディアの自主規制については、報道したことがない。俺たち怖くて口が開けないんだよと声を大にしていったらいい。それも言えないのだろ。ある意味中国よりも恐ろしい国なのかもしれない。

一般人である私が匿名で告発するのは当たり前のこと。それを暴いて犯人だとやる。こんな人権侵害を「こいつバカだよ」「ほーと」感心するジャーナリスト。それでいて日本が戦争に巻き込まれるとか、人権が問題だという。なんじゃこいつら!!

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テレビの音がうるさい

介護をしなければならないが、母がテレビを見るのに一緒にいるのが、なんとも苦痛だ。...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白鵬優勝にブーイング!

春場所は白鵬が優勝して終わった。だが白鵬の品格のなさがさらけ出された場所でもあっ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

保育園落ちた日本死ね!!!の匿名ブログが国会で!

保育園落ちた日本死ね!!!の匿名ブログが、国会でも話題になっている。私もどんなものかと読んでみて驚いた。

自民党の議員の中には「本人を出せ」というヤジも出たそうだ。それとなく読んでみると確かに疑問が出てくる。まず匿名ということなら、「もう森へなんかいかない」は一応ペンネーム。匿名の投書なら、ずーと以前の事。匿名でも取り上げられても不思議はないようだ。

ただ、「保育園」のほうは、匿名+具体性がない。ここまで抽象的に書くというのは、ある意味では普通の主婦ではないように思う。ご主人がいるのか?子供は何人?何才?何人目?また住んでいるところで、状況がまるで違う。

ただ文面がすべて政治的に書かれている。野党に連なる誰彼が書いたのではないかと思われてもしょうがない。では、保育園落ちたというのは、フェイスブックにも書かれていないことなのだろうか?たくさん書かれてなくて、この匿名ブログだけなのだろうか?変だ!

実際はたくさんいるだろうに、なぜなのか?なぜかこのニュースの話題の作り方に疑問を持たざるを得ない。保育園が不足していることでも、コメンテーターが言われることは、いわゆる都内のことであって、広く東京都とか地方という視点がない。

以前の偽メール問題を私は思い出した。それを持ち出した議員は、はめられてしまい、最後には自殺した。何のための議論なのか?わからない。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«桂文枝の不倫