テレ東音声流出!!

「番組名でウチだとわかった。Mは森香澄アナ(25)、Iは池谷実悠アナ(23)で入社2年目。昨年末、収録前の練習に使う、アナウンス室内の発声室での会話を録音されたものと思われます。彼女たちのSNSは音声がアップされて以降、更新されていません」(テレ東社員)流出した音声の内容は、社内で波紋を呼んだ。「スキルを付けて。結婚して、適当な何か事務所に所属して~。土曜日、日曜日だけ働くみたいな」「それがベストだよね」「そのために、実績をテレ東で作ろうと思ってやってる」また、「今日、超汚いスタッフさんとご飯だわ」「めっちゃ毛深いし、超怖かった。途中からサルに見えてきた」などとスタッフを小馬鹿にする発言もあった。さらに、先輩アナを名指しして「仕事ないじゃん」「あの人でも辞める気ないよ」「いてもあんまり意味ない」と話していた。テレビ東京関係者によれば、会社は女子アナ2人を呼び出し、アナウンス部長が聞き取り調査を行ったという。

テレビ局ってみんなこんなんじゃないですか?他局にも暇なアナはいますし、辞める気ないのが頑張っているしW

でもなんですよね。何年かすれば、自分たちもそう言われるようになるのだから、まあ、いいか?どの局アナも同じだしW

まさか「おしゃれ事件」の情報流失も、こうして起きたのではないよね?テレビの放送中に流失していたのだよね。

でも1年以上もやってると、スタッフの中には、頭に来る人もいるだろうね。偉そうになんだありゃ。ふざけやがってタレント気取りで、バカじゃないか、なんてね。芸能界交歓図もこうして流出したのか?

| | コメント (0)

死にますよ。マジでW

事の発端となったのは、会津鉄道公式ツイッターが13日に投稿したツイート。そこには、「線路内で三脚立てて写真撮影。どんな神経してるんでしょうか?」と、列車の撮影に夢中になるあまり、線路内に侵入する鉄道ファンに対する注意がつづられており、さらに「死にますよ。マジで」と強い言葉が、

撮り鉄の人生は、すばらしい。その警告もいい。私も日本テレビおしゃれ事件や母親が殺されている事件に関し、警告を出そう。

さあ、今度は皆さんの番です。「死にますよ!!マジで」。

| | コメント (0)

官邸と記者

安倍晋三首相の記者会見はまるで台本を読んでいるようだ、記者と癒着しているのではないかという批判があります。実際に会見に出ている記者から見て、本当のところはどうなのか。官邸のメディア戦略とは。

昔からそうだよね。官僚的な話なのだが、昔から「台本」を読んでいるようなもの。何をいまさらということなのだ。アベノミクスといっても、ジャブジャブにするだけの話。

安倍総理が長く総理にいられたのは、テレビなどの印象操作。だから外交などの話は、みんなニュースの時間で広く時間を割いていた。これに民放なども右にならえ。それで原稿を読むわけだが、できている原稿なのだろうと思う。つまり、その会議などを行う前からの。

こんなことは当たり前の話ではないか。いまさら何を言っているのかと思う。全部セッテイングができてなくて、どう話を進行していいのか分からないだろう。だいたい会議を開く前から、できているわけだろ。でなかったら、テレビでできるわけないだろう。

安倍の長期政権の、いちばんの功労者は、そのテレビにだまされた人たちだ。またテレビ局などが、それにお付き合いしているわけだから、おめでたい。これでNHKの解説などを聞いていたら、どうなるw

ばかばかしいと思っているのは、私だけなのだろうか?トランプさんがいろいろ物議を醸すかもしれないが、自分の言葉だよね。安倍さんの言葉は、誰のものなのか、わからない。

それで日本人の多くが、こういう出来合いのものに感激してしまうのかw 菅総理が誕生しそうです。菅総理もテレビに多く出ていたという印象で選ばれるらしい。これも全部嘘ごとなんだろうと思う。では、日本の政治を握っているのは誰なのだろうか?分からないw だから世界では日本人には顔がないと言われる。納得!!

| | コメント (0)

茂木大臣の「日本語分かっていただけましたか」発言。在日外国人からは怒りの声

茂木敏充外務大臣が記者会見でのジャパンタイムズの大住マグダレナ記者のやりとりのなかで、「日本語、わかっていただけましたか」と挑発的な発言をした問題。「差別的」だという批判も出ているが、はたして日本語を話す外国人たちはどう受けとったのだろうか? ご存知の方も多いだろうが、事の発端となったのは、コロナウイルスに関連した永住者や在留者に対しての「再入国禁止」問題。この措置について大住記者が記者会見で「科学的根拠は?」と質問したところ、茂木大臣は英語で返答し始めた。
これに対して、大住記者は「日本語でいいです。そんなに馬鹿にしなくても大丈夫です」と返答。茂木大臣は「馬鹿にしてないです」とは言ったものの、出入国管理庁に尋ねるよう回答したあと、「日本語、わかっていただけましたか」と“捨て台詞”を残したのだ。
傲慢さや偏見の噴出 このやりとりにネット上では「差別的だ」というコメントが多数あがったが、大住記者と同じく、日本に暮らし、日本語を話す外国人たちはどう感じたのか。まず、「日本ではよく起きること」と答えたのは、ノルウェー人の女性だ。
「日本ではよく起きることです。外国人だから外国語を話すと思うのか、私が日本語で話しかけても英語で返されることが多いです。不思議ですね。

そう傲慢です。この傲慢さは、テレビなどを見ていればよく分かるでしょう。なぜなのかといえば、そもそも報道される情報そのものが統制されているものです。それは新聞や週刊誌に至るまで、すべて統制されています。

だから、外国の記者などが質問しても、決まりきった返答しかしない。それで間違いない、などというように頷いていたのが、菅総理候補です。日本人はこういうような態度にだまされてしまう人が多い。ある意味大変傲慢なのだが、今度の総裁選でもリード。こういうように上意下達が当たり前だと思っているわけだから、手に負えない。それに対し、メディアに携わる人間も、何もできない。しない。すれば自分の首が飛ぶとばかり警戒する。

NHKのニュースの放送の仕方を見てごらんなさい。それ以上言うことはないでしょう。もっと差別的なのは、テレビなどで行われている「日本スゴイ」あるいは「クール」。なぜこんなふうになってしまったのだろうか。こういうのを放送していれば、抗議が少ない。電凸がない。Wしかし、人をバカにしているような内容の放送を見ると私の方が恥ずかしくなる。

ひどいのが洗浄トイレを外国に持って行き、「すごい」をやるというものW 外国人をどこまで馬鹿にしているのか分からない。コロナになってから、その酷さは天井知らずになり、Cmなども酷いのになると、中身がないのに、CMの方が長くないかと考えることしばし。

よくこういうような番組を見ていて、恥ずかしくならないのか不思議に思う。そんなわけで、できるだけテレビは消している。電気の無駄だし、18世紀に戻ろうと考えるべきだ。気温35度以上がこれほど続くということは、異常以外のなにものでもない。地球がおかしくなっているのか?海も汚染されているだろうし、グレタさんに申し訳ない。日本の子供にも。

さあ、皆さん!テレビを見るのは自由。新聞読むのも自由。しかし、情報統制された情報に金魚のフンのようにつながり、奴隷になるのだけはやめなさい。皆さんには皆さんの人生があります。自分の生活を愛すべきです。テレビなどの話をするのはやめましょう。それがいちばんの行動です。外国人の人たちのことにも耳を傾けましょう。おかしいことはおかしい。

| | コメント (0)

相続審判について、前提条件を飛ばす!

相続の審判について、少しは終わったのだろうか。しかし、私は調停から審判にはいる時に、「業務妨害だ」とか「これは私のお金だ」と主張していた。現に調停が終わるときに、相続人の相続権があるか、遺産が誰のものなのか、それらのことは決まってないですよね、と男性調停員に聞くと、決まってないです、と。

つまり、分割の前提条件については、何もしていないのだ。それで相手の弁護士に調停にはいる時に、抗議した。現実にネットなどで調べると、それらを決めるのは審判ではない。つまり既判力がないのだ。

弟も姉も調停の1回目に出たが、それ以外はでていない。2回目からはいないと思う。それで相手の弁護士が書面で書いているのは、でたらめ。「遺言がない。分けろ」これだけ。それで事実関係が行き詰ると、鑑定士に依頼し、強引に分割する。

結果、土地はどこから分けるのか分からない。3つの図面と鑑定を基に、土地は3通りに。どこなのかと聞いても「分からない」。これで計算し、その結果、審判には鑑定の土地の割合は、記載がない。何をもとにしたのか分からない。

相手の弁護士は今までそうして来たのだろう。しかし、前提条件が分からないのに、どうするのだ。私の土地だし、私の金だ、とも言っている。そもそも誰のものかが分からないのに、審判を続けることが、私には分からない。

つまりこれって他でやることでしょう。現実に契約が存在するのに、認められない。だったら説明して欲しい。親父の相続はどうしたのか?契約が存在しなけらばできないではないか。それを履行していて、存在しない。つまりあり得ないことだ。

これは何らかの他の問題ではないか。権利関係がはっきりしないのに、どうしろというのだ。

| | コメント (0)

枝野氏批判デイリー。ネット上というがネットにはない。

安倍晋三首相の辞任表明に伴い、自民党内のポスト安倍争いに注目が集まる中、立憲民主党枝野幸男代表が、4月に受動喫煙防止を強化した改正健康増進法が施行されたにも関わらず、一部国会議員が議員会館の事務所で喫煙する違法行為が横行していると報じられた件で、自身も当該行為を行っていたことを認めた。枝野氏は「認識が甘かったと反省している」と謝罪した。
 立民では、安倍首相の辞任表明を受け、石垣のりこ参院議員がツイッターに「大事な時に体を壊す癖がある」などと投稿して問題に。枝野氏も「不適切」との見解を示し、石垣議員は謝罪したが、今度は枝野氏本人が炎上。ネット上では「どう責任を取るのですか?」

これらのニュースを見て、不思議に思うことがある。それはなぜ枝葉末節の、あまりにも細かいことを批判するのか?つまりニュース化して取り上げるのか?と。このことについては実に不可思議でしかない。テレビなどでは、パンダや猿。アザラシ、ネコ、犬。とにかにどうでもいいようなことがニュースになる。そのくせ社会構造や生活に関わることについては、ほとんど報道されない。

たとえば今夏の異常な暑さは、地球温暖化と関係があるのだろうが、その根本的なことについて何の議論もない。議論もないというと、しているという反論もあっると思う。それはどこですかと問うと、テレビです。それは情報操作としての、意見などを言うような議論に入らない。実現することでもないし、するつもりもないことを話していても意味はない。

グレタさんだけではないと思うが、グレタさんには申し訳ないと思う。実際今夏の35度とか地域によっては40度近くになる。これは私の少年時代とは比較にならないくらい、暑くなっている。グレタさんは、手遅れだのようなことも言われているようだ。こういうことが安倍政権で、何らかの形で情報発信なり、政策を打ち出しているかというと、グレタさんではないが、日本は批判される立場だ。

政治家が政治をやらない。何もやらない。コロナでもやらない。国民の民度頼みだ。自衛しかない。政府はこれで食べられなくなる人たちに支援はしないだろう。しょうがないというのだろうか?

国民不在とメディアの不作為。ちなみに上記のニュースは、デイリースポーツです。ネット上で「どう責任をとるのですか?」と書いていますが、Googleで検索しましたが、1件も出ません。デイリースポーツのいうネット上というのは、何なのか?これらも私は嘘だと思っています。デイリースポーツはネット上といいますが、私はメディアであろうと思う。これはネットの嘘ではなく、メディアの嘘だと思う。

| | コメント (0)

上沼恵美子の

 タレントの上沼恵美子(65)が31日、ABCラジオ「上沼恵美子のこころ晴天」(月曜正午)に生出演。タクシー運転手の失礼なふるまいに不快感をあらわにした。「ストレスになるのよ、乗ってあれやこれや言われるのが。テレビのイメージで結構言われるわけですよ」と切り出した上沼。過去には「好きなことしゃべってまんな」「ストレスないでしょ」と言われたことも。だが、礼を欠いた発言があっても、決して反論はせず。「そうすると、また絡んできはるから。『すいません。仕事なんで』って」と対応するという。ワンメーターの距離での移動で乗車した際のエピソードも披露した。「舌打ちされるし、急発進や。『虫でも歩くで』って何回も言われた」と振り返り「悪いけど、ああいう人は、お仕事をおやめになった方がいいと思う。そんなに嫌やだったらね」と苦言。そんな経緯もあって、現在は「気心が知れた運転手さん」のタクシーに乗っていることを明かした。

テレビやラジオで言っていることは、そう仕事。ただタクシーの運転手にこぼしていますが、必ずしもタクシーとは限らないと思う。タクシーの運転手でもいろいろな人がいます。いい人もたくさんいます。

しかし、全体に荒んでいるというべきか。ここらでいろいろな人にあった。今現在、弁護士さんにお世話になることがある。それで考えると、よく何かあると弁護士さんに相談して、と言われます。ところが弁護士さんも、いい人もいれば、ただお金を取っただけで、何もしない弁護士もいる。

法律の条文の使用の仕方が、全く違っていたりする。私も詳しくはないが、明らかに間違いというものもある。それは裁判官にもあった。相続でお世話になったが、ほとんど書面を読んではいない。これは細かいところを読んでいると、面倒になるのではないか。

それでお金の計算なども、実際相手が払っている項目についても、払う必要がないとか。当事者が合意しているので債権に入れると。では、それ以外の合意しているのは、なぜ払う必要がないのか。説明がない。

こうなると書面に何が書いてあっても、資料が何が出ていても、読まないのだから、関係ない。細かいところまでちゃんとやるのだろうと思ったが、とんでもない。

よくいろいろ聞いて、何年も争っているという話は、結局、こういういい加減な審判を出しているからだと思う。事実関係が十二分に精査してなければ、誰も納得しないだろう。結局紙の上だけのことだと。これではますます問題が大きくなるだけだ。

現実に我が家の相続で、土地を分けろなどといっても、現実にどこなのか、私は知らない。知らないまま決めている。紙の上でもどこなのか分からない。結局、これは後でトリックのようなことをするのではないかと思う。

本当に無責任だと思う。私のようにきっちり何でもやらなければ済まない性格の人間には、現実は本当に過酷だ。昔のように真面目に誠実に仕事をしている人は、本当に少ないと思う。私が純粋で、根が真面目な人間だから、そういう人間の隙をついて、仕事も取られるし、お金も取られる。母親も殺される。母親には本当に申し訳ないと思う。

上沼さんだけではないと思う、ぼやきたいのは。悪い人間の方が得をする社会だから、日本は。

それでこの遺産が誰のものなのかは、まだ分からない。相続人の資格と資産の範囲が分からない。

| | コメント (0)

的を失った野党

野党は7年8カ月に及ぶ歴代最長政権の弊害を並べ「アベ政治を許さない」という共通目標を掲げてきた。「桜を見る会」問題に続き、公選法違反(買収)の罪で起訴された河井克行前法相と妻の案里参院議員の事件、ちぐはぐな新型コロナウイルス対策などを追及。臨時国会召集を迫り「安倍1強」体質をえぐろうと構えていたところで、眼前から「敵」が消えた。

敵が消えたという野党。ここで挙げられているのは「桜を見る会」。公選法違反は検察がどこまで切り込めるか、注目していたが、たぶん、夫妻だけで終わると思う。自民党の金の流れを追及しないのではないか。

ただ、こうして記事を見れば、如何に日本の政治が貧困であるかということだ。この責任はメディアにある。いつまでたってもまともな政治が行われない。こうした中身のない政争だけのこと。しかし、これが日本の官僚主義の典型ともいえるものだろう。「森友」だか「桜」だか、黒塗りのもので議論はできない。そもそも民主主義を真っ向否定していても、そのまま通る。

野党も目の前の敵がなくなったというが、国民不在の政治を続けているのだから、与党も野党も同じもの。それが今現在進行の「コロナ問題」であぶり出されることを願うばかりだ。

延々と国民不在の官僚政治。これでテレビなどを、ジャーナリズムと言い、権力の監視などということを、口にしているわけだから、国民をだますのもいい加減にして欲しい。民主主義を否定していて、なぜジャーナリズムが存在するのか?権力の監視などしたこともない。

しないどころか、権力と一体となり、国民を監視し、情報操作で為政者がやりやすいように、情報を加工しているのがメディア。外国などの選挙と全く違うし、そもそも日本人は、自分の意見を明確に認識できない状況に置かれている。

こうして国民不在の政治は、延々と続く。それと決別するには、まずもって私たちの身近な情報操作に、騙されないようにするという心構えが必要だ。自分の人生だし、自分の生活なのだから、まずそれを考え優先するようにすれば、道は開けてくるはずだと思う。

| | コメント (0)

加山雄三誤嚥か

歌手で俳優の加山雄三さん(83)が29日夜に東京都内の自宅で嘔吐(おうと)し、病院に救急搬送されていたことが30日分かった。関係者によると、水を飲んだ際の誤嚥(ごえん)が原因。意識はしっかりしており、命に別条はないが、大事を取って入院中という。加山さんは昨年11月にも軽い脳梗塞で入院したが、翌12月に芸能活動を再開していた。

こういう人が誤嚥するというのは、以外であるようで、意外にありそうなことです。水を飲んだ際に誤嚥したのか?

母も脳梗塞をしていたが、死亡する折には、誤嚥はしていない。誤嚥は1年以上前のことか?東海大学で問題ないと言われていた。それが「肺炎疑い」ということで、徳洲会に入院した。私は「徳洲会かな」といったのだが、姉が入院させてしまった。

私がとにかく疲れていて、対応できなかった。その前に入院した東海大学でも、即日帰宅だったのが、私がつかれているので、少し置いてくれませんか、とお願いし、社会的入院ということで2日入院した。

私に限界がきていたのだが、それは母親の介護ではなく、姉の介護の妨害で神経質になっていて、疲れていた。結局、私がダメになれば、病院でも殺されるのだ。姉は持参薬を渡さないようにしていたし、私は入院初日に、ちゃんと看護師に言っているのだが、わたらない。

母は誤嚥性の肺炎で死亡したのではない。死亡診断書は「誤嚥性の肺炎」だが、解剖すると「うっ血性心不全」だ。ジコキシンの中毒。これで循環動態を破綻させられ、肺に水が溜まり、その水をまた抜かないようにして、死亡させた。

母は菌で死亡したのではない。医師らも私に見破られたのを知っていて、私の顔をそもそも見ない。しかし、その後徳洲会を見ると、多くの人が明るくなっている。他の人にもしていたのだろう。それが私が医師を怒鳴ったものだから、医師らの暴走を快く思っていなかった人たちが、安堵したのではないか?

関係した人らは、いなくなってるよね。僕が殺人者の息子であること教えてやらねばならない。

ところで、加山雄三は燃えた「光進丸」だかの、保険には入っていたのですかね。タイミングが。

| | コメント (0)

メラニア夫人のなまりに皮肉「この人英語がまだ喋れないわ」

ホワイトハウスで開かれた米共和党大会で25日(日本時間26日)、トランプ大統領の応援演説をした妻のメラニア夫人(50)の外国なまりの英語を嘲笑するツイートをした米女優ベット・ミドラー(74)に批判が殺到。すると、ベットを擁護する反トランプ派が加勢し、双方が入り乱れ、ツイッターが炎上している。メラニア夫人は旧ユーゴスラビアのスロベニア生まれ。モデルをしていたが、1996年に内戦の影響で故郷を離れ渡米。2001年に米国へ帰化した。 英語が母国語ではないため特有のアクセントがあり、演説を聞いていたベットは「オー、ゴッド! この人まだ英語がしゃべれないわ」と侮蔑するツイート。 続けて「彼女はいろんな言語でいくつかの単語を話せるんだ」とちゃかして、「あの不法外国人を壇上から引きずり下ろせ」と畳みかけた。 その後も「あんたはラッキーなスロベニア人! でも、たくさん手術をしたのに、ちょっとくじ運が悪かったね。あんなデカいうすのろに捕まったんだから」とトランプ氏も侮辱した。

これが米国!!言論の自由というものが日本とは本質的に違う。この間はトランプ大統領を皮肉る映像もあった。

それに引き換え、日本人の陰湿さは、本当にいやらしい。日本テレビおしゃれ事件で警察やテレビ局ラジオ局はじめメディアのしていることの陰湿さは、本当に気持ちが悪い精神的におかしいと思える。みんな裏でやる。隠ぺいし、堂々と反論できない。この惨めさ。

正直、真っすぐに生きている、みつめ和紀でした。アメリカは面白い。そう、だったら出て行けと言われるでしょうが、出ていくこともできないように工作する警察。

| | コメント (0)

«なに言っているのか、リスナーなんか不在!!