赤ちゃん遺棄に見る男の勝手

兵庫・神戸市の北井小由里容疑者(23)は、女子大生として就職活動中の2019年11月、産んだばかりの自分の赤ちゃんの遺体を東京・港区東新橋の公園に埋めた疑いが持たれている。その後の調べで、北井容疑者は動機について「赤ちゃんがいると、わたしの夢がかなわないと思った」などと話していることが新たにわかった。北井容疑者は、赤ちゃんを遺棄したあとも就職活動で神戸から度々都内を訪れていたという。

自分の夢のために、赤ちゃんを殺し遺棄した女性。その後もたびたび上京し就職活動をしていたようだ。今現在知られている彼女の夢というのは、ごく普通の女性が持つような夢なのだろうか?

例えば東京で就職し、結婚し、幸せな家庭を築いていくという。そういうものではないのか。テレビはほとんど見ないので、詳しいことは分からない。ネットなどで見る限りにおいては、彼女が非難されてもいるようだ。今日のテレビでも、赤ちゃんを殺したことを非難するという。

しかし、私は、その後ろにある、男の勝手を批判する人はいないのかと嘆きたい。彼女が身ごもったのが、少なくとも彼女の夢のためには、赤ちゃんの計画はなかったことになる。としたら、男に無理やり関係をとか、そういうことも考えられる。赤ちゃんは彼女の好きでもない男性の子供かもしれない。

私は彼女に同情している。テレビなどで多くの人が非難しているが、私は彼女に「大変だったね」と声をかけてあげたい。愛する人の子供だったら殺しはしないだろうし、そうであるなら男性も結婚し、家庭を築いていただろう。そうでなかったから、こういう事件になったのだと思う。

たいへんだったね

| | コメント (0)

学術会議問題

学術会議問題が、なかなか要を得ない。今日の菅総理の答弁が、納得がいくものではない。今まで出てきた説明のものと同じだ。「若い人」とか「大学に偏っている」とかが、今日は「旧帝国大学」とか言われている。

日本の多くの知識人から反対声明が出ている。しかし、菅総理は任命をしないだろう。先が読めないのが困る。「総合的、俯瞰的」が少し具体的になっても、後付けで理由を探しているような感じだ。

権力でものを言わせれば、言うことを聞くだろうということだと思う。それは菅総理が官房長官時代からの癖とも言うべきものだ。また、これらのことについてメディアは、具体的にどう考えているのか、分からない。テレビなどは、そもそも取り上げることをしているのかどうか。

私もサイトに取り上げるかどうか考えているが、答えがだいたい予想できる。「このまま」が答えだろうと思う。ずるずる引きずって行って、このまま解散選挙に行くのだと思う。しかし、これをオリンピック後までなのか、と考えると、後はどういう理由が出てくるのだろうか?

任命拒否した理由を必死に探しているというより、隠そうとしているという方が当たっているかもしれない。「安倍政治をすすめる」というのは、そういうことだろうと思う。

いずれにしても多くの国民がテレビに騙されていることは確かだと思う。そういう意味において石破氏の票の流出を見ればわかるだろう。石破氏はテレビ映りが良くない方かもしれない。また安倍政治とは、一線を引いている。菅総理が選ばれた理由は、官房長官の時の「頷き」である。これが頻繁に主要なメディアで飽きが来るほど流された。

ところが多くの国民は、この頷きに、同じように頷いていたに違いない。テレビの機能にはこれがあるから怖い。間違っていることでも、見ている視聴者が考える暇もないほど、頷かれれば、そういうことなのかと取り込まれてしまう。加えて頷くときには必ず菅官房長官の顔が大写しになっているのである。

私はこのことについて「カメラを引くよう」にNHKに抗議をしようと思ったが、電話代がもったいないのでしなかった。しても彼らは必ず、頷くところを大写しにするのを止めないと思う。それで私は、ハナ肇ではないが、奥歯ではなく「カメラをがたがたいわせてやる」と、ひそかに思っていた。

| | コメント (0)

タレント淫行記事について

タレントなどの淫行記事が出た時に、それらを覚書のように、サイトに記載しておいた。するとそれがここで、引いていただけなのに問題だとニフティから書類がきた。なんでも名誉棄損だと。

ばかばかしい話なのだが、引いただけなのに、するとそれは著作権が問題になるという。しかし、今回そのことについては何も提議されてない。あくまでも名誉棄損だ。広くメディアが頒布しておいて、それらの記述があるから、「あなたが問題だ」ときた。ニフティに言わせれば、交通問題などと同じで、他の人もしてるじゃないかということではなくて「あなたが」なのだそうだ。

では、大きなメディアが頒布しておいて、それらの情報について、なぜ一般人が責任を問われるのか?呆れかいるやらなにやら。たとえば、現在ニフティはテレビで放送された楠田の情報などをニュースで出している。これを誰かれが引いてブログなどに書いていたら、13年後に「あなたが問題だ」名誉棄損だ、と言われたら、それは一般人の責任なのか?

名誉棄損には、いわゆる摘示行為がある。それらの事実関係を広く頒布するということだ。この場合、普通はメディアが関わることになる。にもかかわらず、それらの責任を一般人の私に問うている。中には、これらの記事で、すでに記事の削除をしているところがある。これメディアですよ。

こんな無責任な態度はあるのだろうか?私が名誉棄損限定をしているので、ふってきたのかもしれないが、ばかばかしくて相手にしない方がいいと思った。学術会議の6人の学者を任命しなかったことが問題になっているが、これらについても、メディアははっきりと責任を問わない。

このことについて一般人がブログなどで書いていたら、13年後に名誉棄損で問われるのかと。

日本の言論機関が明らかにおかしい。注意していくことだろう。ただ、私はこのようなばかばかしい話が、テレビ他日本のメディアで出ているので、できるだけ英語の世界にかかわっていきたいと思う。アメリカで、刑務所に入れろとか、デモもするし、この方が健全だし、明るくていい。日本がとにかく暗いので、日本の情報から、外国の情報に進んでいきたいと思う。

これがスムーズにできるのか?生活が24時間、英語を勉強できる環境にまだなってない。早く環境を整えてそうしたい。

| | コメント (0)

秋元才加という女性

「私の中では、お仕事に『小さい』とか『大きい』という感覚があまりないんです。どの仕事もすべて一緒とは言いませんけど、ハリウッドだから緊張するということもまったくなくて。」AKB48を卒業後、女優として活躍する秋元才加さん。今年は、6月には結婚、8月には出演したハリウッド映画が公開された。AKB48を卒業後、女優として舞台やドラマで活躍なさっています。トム・ベレンジャー出演の映画『山猫は眠らない8 暗殺者の終幕』に出演し、ハリウッド・デビューも果たしました。
秋元 私の母はフィリピン人で、とても強い女性なんですよ。フィリピンでは男性があまり働かないので、そのぶん、女性がたくましい。父方の祖母もちゃきちゃきの江戸っ子ですごく自立した女性だったんですね。

秋元才加という女性を覚えていた。NHKの昼の番組を見ていた時、ずいぶんよくやる女性だと思った。番組の進行も良かったし、ずいぶんできる女性だと思っていた。最近は、見ないなと思っていたら、この情報だった。また秋元の母がフィリピン人だということも知った。なるほどなと感心しきり。秋元がAKBだというのを知った時には、なぜなんだと思いましたし、AKBそのものがよく分からなかった。

自分の関心の向けようがないものだから。それで最近結婚し、ハリウッド映画に出るようだ。これを見て、私は嬉しくなった。というのは、私のこういう感覚というか、考え方がいまだに鈍っていないということだ。見る目があるな~と。

ついこの間は、楠田枝里子がフジテレビに出ていた。少し見て気持ち悪いので消したか、あるいはチャンネルをかえた。ちょっと見て化粧がばんばんで、私が好きでないタイプの女性だ。楠田と秋元とを比べれば、なるほどと思えるだろう。やはり、できる女性の方がいい。見ていて気持ちがいい。もうNHKの昼頃にでることはないだろうし、私も最近は、テレビを見るより、原発を運転しながら、あるいは火力発電所を燃やしながらテレビを見るのは、電気代がもったいないと思い、できるだけテレビは切るようにしている。

日本のニュースより、海外のニュースの方が面白いのだろう。ちょっと見た目には、ワイドショウ的な放送はしてないし、新鮮な話題が多い。これがネットと連動し、英語をバンバン書いていければいいのだが、難しい。少しづつ前に行けばいいと思う。秋元の「ヤマネコは眠らない」も英語で視聴できるようになればいいと思う。頑張らねば!!

学術会議の6人の任命拒否問題などを見ても、菅総理が矛盾することを言っていて、メディアなどがつめることもできない。久米宏から始まったニュースキャスターやアナウンサーには、実際腹が立つ。この人たちにはまともな人はいないのだろう。ニュースを見るたびにむかつきますよ。ニュース映像を出して、声だけ出ればいいのだが、いまだに恥ずかしげもなく顔を出す。秋元の仕切りは上手かった。

 

| | コメント (0)

道志少女失踪事件…母親を中傷?

野上は、「怨霊の憑依」と呼ばれるブログを管理し、事件発生直後から毎日、とも子さんへの憶測や偏見を生み出す書き込みを続けていた。ブログの管理人名は野上ではなく、「和田隆二」。肩書きは「霊媒師」。タイトルには《小倉とも子が犯人と疑われる条件》《辻褄が合わないとも子の証言》《とも子の周りは薬物関係者》などの文言が並び、

道志の少女失踪事件である。いわゆる事件に絡んで、母親が犯人だという言説である。しかし、こういうようなことは、そのほとんどがテレビの放送によって起こっていると考えるべきだ。

そこでいわれていることの情報の出し方は、大変おかしなことで、事件が起きたそのあとでは、おかしな推測記事も出る。それら多くがテレビの放送によると思われる。コメンテイターが言われることは、ほどんど推測。事実を踏まえて発言していない。

こういう事件でよく出るのが、元刑事とか警察官とか。そういう人が憶測や推測で物事を言うのだから、テレビを見ている人たちがいろいろな方向にふられても、なんとも言いようがない。

たとえば、直近では「ドコモ口座」に関することでは、「IPアドレスで新潟の方で」とか、言われたことがある。有名なのでよく覚えているのは、酒鬼薔薇聖斗の「酒」「鬼」「薔薇」と、真赤な画面で大きく出たと、お年寄りが言われていた。この放送はどう拾ったのか不思議に思った。そういうようなものがあれば履歴に残るだろうし、検索にも出るかもしれない。しかし、当人はどこだかわからない、と。

こういうものはいくらでも出る。事件が起こればワイドショウで推察や憶測でものを言うのだから、出ても罪はないと思う。私なども神隠しにあったような事件で、母親が犯人とは思わないが、テレビに出る身なりでずいぶん不審に思った。誰でもそうだと思う。

しばらく前には、霊がどうとかいうのはよくあった。テレビで放送する分にはかまわないが、ネットに書くと問題だというのも変だ。テレビの状況を考えるのも必要と思う。

| | コメント (0)

日本だけが研究論文数が減少!

そもそも2017年の英ネイチャー誌3月特集が「日本の科学力は失速」と明確に打ち出したのに、日本のマスメディア、マスコミは理解できなかったのです。それから3年、日経ばかりか朝日も「若手」をキーワードにして重箱の隅をつつく改善を社説にしました。しかし、世界で日本だけが研究論文数が減り、論文注目度がどんどん下がっている超異常事態には、劇的な大改革しか立ち向かえません。

昨今言われているのがこれ。研究論文数が減れば、当然ノーベル賞などを受賞する機会を逃すことになる。その結果、日本は世界をリードするどころか、他国の後塵を拝することにもなる。

現在こういわれていることは、そうとう前から研究分野で行き詰まっているのか。その気概がないのか、と思う。社会の広い範囲で、相当堕落した考えかたが、支配している。

昔の日本人のいいところが主に支配層になくなっているのではないか。マネーゲームとか、ライブドア事件あたりから、嘘でもいいから金にしろのような、そういう雰囲気がある。そして詐欺事件なども全盛だ。あの手この手で人をだまして金にすればいい、ということなのだろう。

テレビなどを見れば、中身のない話ばかりで、何でもいいから金よこせでしょう。こういうようなテレビが広く放送されていたら、国民が相当おかしくなるだろう。ついここで財布を拾ったら、その金を自分のものにできるようなゲームをしていた。当然子供も見ているのだから、日本人のいいところを否定するようなゲームを平気で放送している。この人たちはよほど日本社会が気に入らないのか?そもそもがこんな発想でよく放送まで、こぎつけたと呆れる。こういうように子供たちは、拾った財布を自分のお金にする方法を、テレビから学んだわけだ。

もっとおかしいのが東大信仰。東大なら何でもいいというのは、昔から呆れるものがある。私のサイトにも、東大生がアクセスしてきていました。私は大変ありがたいと思っていましたが、彼がしたことの主なものは、掲示板に訳の分からない数式を書き、私に答えを求めるような話だった。それで超音波盗聴機はあり得ないと。

このバカバカしさは何かというと、当サイトに「エビも何やらささやく」というような、純粋な実験結果を提出してあります。引用は本です。こういう事実がありながら、よく読みもしないで、あり得ないと数式で話を進めるのは、ある意味常識を知らなかったのだろうと思う。

法律的な常識をご存知なら、当サイトが事実であることを理解するだろう。こういうようなことに疑問を持つ、あるいは考えをめぐらすという習慣がなくなっているのだと思う。本質的なことを考えようとしないから、研究者の中からも論文数が少なくなるのだろうと思う。

ノーベル賞を獲るような研究は、すべて常識を疑うことから始まっている。私の考え方は全てそうだ。母のカルテを見た時にも、私が最初にしたのは、事実の確認だ。Aと記載してあるものは、間違いなくAなのか?事実関係の確認。警察はそういうことをそもそもしてない。してない以上、その結果は、正しいものではない。また、そもそもその判断が出る前に、答えの「問題ない」が、警察の場合は存在する。

そしてそういうずさんなことは、他でもしているようだ。とにかく論文数が少なくなっていることは、社会的に恵まれた人たちが、ある意味選ばれた人たちが、堕落しているのか、それは知的な堕落なのか?テレビによる堕落は、底なしかもしれない。憂える。

| | コメント (0)

学術会議問題

推薦者名簿の中の6名を除外し、99名の推薦者名簿であるように内容を改変して菅首相に提出したとすると、「作成権限者である日本学術会議会長に無断で、既に存在する公文書である推薦者名簿に手を加えて、新たに不正な推薦者名簿を作り出した」ということになるので、有印公文書変造罪(1年以上10年以下の懲役:刑法155条1項)が成立する。

菅総理大臣になり、学術会議問題が起こった。菅総理の官房長官の時からの仕事のやり方に、問題があったということだろう。6名を除外した説明が、そもそもできていない。

その説明ができずに、今度は学術会議が、行政改革の対象であるかのような言動。菅総理は、そもそもそれらの名簿を見ていない、とまで発言。

当初の説明では、「総合的、俯瞰的な判断」としていたのが、今度は見ていない。見ていないなら、有印公文書偽造罪が出てくる。

なぜ、政府がこのようなことに足を踏み入れたのか、その事実関係も分からない。批判は許さない、ということなのか?としたら、何でも強行突破してきたのは、菅氏の考えなのか?

菅氏が総理大臣になったのも、テレビなどの印象操作でなった。つまりは、テレビに多く出ていたということだけである。

では、これら学術会議の問題に対し、メディアは何か発言しているのかというと、全くといっていい。問題の捉えどころが、よく理解していないのではないかと思う。これまでメディアが何も発言していないようなのは、言論封殺に来ているから、逃げているのかもしれない。

だたひとり、元大阪市長橋本氏が、6名の任命拒否はあると発言しているようだ。といって、このことについて私は、詳しくは全く知らない。推移を見守るしかないが、どうみてもおかしいというのが、政府の方だ。菅総理も「見ていない」と逃げてしまい、責任放棄状態。

この国のトップが、このように無責任でも通るのだから、呆れる。それで今日、官房長官がまた……

| | コメント (0)

竹内結子さん空白の1時間?!

急死した女優・竹内結子さん(享年40)をめぐり、家族団らんの食事から一人になって発見されるまでの〝空白の1時間〟が話題に上っている。 竹内さんの自宅マンションは室内が2階建て構造のメゾネットタイプ。竹内さんは亡くなる前、1階で夫の俳優・中林大樹(35)と長男(14)、そして生後8か月の次男と家族団らんしていた。 その後、竹内さんはひとり寝室のある2階へ。10分ほど経過しても1階に降りて来なったため、夫の中林さんは「疲れて寝たのだろうと思った」と周囲に説明していることが分かった。 その後、中林さんと長男も就寝のため2階へ。寝室をのぞいても竹内さんがいなかったため、不審に思った中林さんが〝捜索〟したところ、クローゼット内でぐったりしている竹内さんを発見したという。

竹内結子さんを発見したのが午前2時ごろらしい。その1時間前に食事?団らん?

ごく普通のサラリーマンの家庭に育った私には、午前1時に食事をしていることが信じられない。それも14歳の長男がいる。タレントや俳優さんは時間が相当融通がきくだろうとは思う。しかし、子供がいる場合も同じなのか?

これで体は壊れないのか?体性神経は大丈夫なのか。これでは体のバランスを崩しても当たり前だし、子供のころからこれでは、脳の発達に障害はないのか?

この「団らん」と「食事」がなんとも不自然だ。私自身異様さを感じる。子供は学校に行っていないのか?コロナか?

こういう異様さは、逸見政孝の豪邸の写真や内部の様子を知った時に感じた。外国製のと表現される家電などで、逸見政孝家族が、享楽の生活をしていたのがよく理解できる。たぶんタレントとか局関係者を呼んで、夜な夜なパーティーでも。

ここから生まれてくる享楽的な思想に溺れ、いまだに息子はその豪邸を手放せないようだ。他の芸能人らに自宅の自慢をしている様子が目に浮かぶ。享楽に溺れた結末は、皆さんよくご存じの事と思います。ソドムともゴモラとも、私は聖書を考える。

 

| | コメント (0)

加藤氏「自殺のない社会作って」とこれが自民政治の…

加藤勝信官房長官は28日の記者会見で、著名人を含む自殺の増加について「いろいろ悩みがある方が孤立することがないよう、温かく寄り添いながら見守っていただけるような社会を一緒に構築してほしい。それぞれが自殺のない社会を作っていただけるようにお願いしたい」と呼びかけた

これが自民党の政治。官僚政治の極。「自殺のない社会を作っていただけるようにお願いしたい」。加藤氏は自分の職業は何なのか?政治家だろ。政治家がすべきことは何なのか?

これだけ無責任性を発揮するというのは、どういうことなのか?国民が暮らしやすいようにするのは、正に政治家の仕事でしょう。自分たちがやらなくて誰がやるのか?それを例によって国民に丸投げ。精神的な意味において云々というなら、それは宗教家や道徳家の仕事だろうと思う。

コロナ禍の中の自殺は、暮らせなくなったり、生活ができなくなり不安になり自殺したりする。それをやるのは政治家だよ。個人的な意味において、自殺することもあると思う。しかし、それでも大きいのは、生活のしやすさだと思う。

政治家が自らしなければならないことを、国民に言っている。話にならない。この戦後社会を覆う無責任性は、なんなんだ。とにかく無責任な人間が多い。久米楠田だけではなく、日テレはじめスポンサーも無責任。メディアも。

政治家がマイクの前で平気でこういうことが言えることが無神経すぎる。信じられないことだ。これに反論した記者はいないのだろうし……

| | コメント (0)

女優の竹内結子さんが死去

竹内さんが亡くなったというのだが、私はテレビなどで見たこともない。ほとんど全く知らない。ただ顔を見た分には、普通の人なのか、日本人的な人なのか?まだ今のところ分からない。

前日の行動とかは伝えられているようだが、当日の夜に、夫が家にいたのか。なぜクローゼットの中で、死ぬことができたのか?発見が午前2時ごろ。夫が家にいても、夜中にクローゼットに入っても、とりわけ不審な行動でもないのか?翌日来ていく服の事でも考えていた?そういうように思ったのか?

その夜、夫はどこにいたのか?首を吊ったということらしいが、では、台にしたものは、あるいは、静かにゆっくりおりたのか?育児ノイローゼということも考えられるが、そう考えると、夫がイクメンというのがあわない。

体調が悪かったのなら、もっと早く何らかの信号が出ているだろう。そういう形跡もない?

ここまで書いてきたのは、日本のテレビなどは、ほとんど報道機関としての役割なりを、全く放棄しているからだ。ジャーナリズムというが、そんなものは日本にはない。真実・事実を伝えることを、いまの日本の報道機関は放棄している。

竹内が死亡しても、何ら彼女の人生に寄り添うこともしない。おかしな適当な今までの活動歴を、踏んでいるだけ。これは他の問題でもそう。

倉庫から引っ張ってくるだけ。これがいちばん簡単だから。何も考えなくていい。適当に流していれば、金になる。時間を費やせば、それでいい。これが日本のメディアのしている事。

竹内が自殺をしたが、彼女に寄り添っているのは、誰だろう?

| | コメント (0)

«コロナとの共存